女の人

角栓除去の方法をマスターしよう|肌の汚れとおさらばだ!

乾燥肌の潤いケアのコツ

フェイス

乳液をつけても乾燥する訳

乾燥肌の保湿には、どのような化粧水を選べばよいのでしょうか。乾燥肌というのは、肌に必要な油分や水分が不足しがちであり、乾燥しやすい状態の肌のことをいいます。化粧水は主に水分を補いますが、そのままだと肌内部に与えた潤いが蒸発してしまうため、肌の表面に乳液やクリームを使用することで蓋をします。きちんと肌の奥に水分を届けることができていれば、保湿力の高い乳液やクリームを重ねて塗ることで、一日中潤いをキープすることができます。しかし、化粧水がきちんと肌の奥を潤すことができていなければ、肌はこれ以上の乾燥を防ごうとし、皮脂をさかんに分泌してしまいます。ですので、化粧水による肌内部への保湿はとても大切なのです。

潤いを確実に届けるために

では、どのように化粧水を選べばよいのでしょうか。肌の内部は、角質層があり、さらに奥には真皮と呼ばれる層があります。この、角質層と真皮には、それぞれに適した保湿成分があります。まず、角質層を潤すために効果的であるのは、セラミドです。セラミドとは、元々人の角質層にある成分で、角質の細胞同士の隙間を埋める役割をしているものなのです。しかし、このセラミドは年齢とともに減少します。そのためセラミドが配合された化粧水で保湿をすることは、角質層を潤すために非常に役立ちます。次に、真皮に重要な成分はコラーゲンとヒアルロン酸です。この2つの成分は多くの化粧水に配合されていることが多いのですが、実は分子が大きいため、なかなか真皮までは到達しにくいのです。そのため、近年ではこれらの成分をナノ化することで、真皮まで成分を届けることができるようになった化粧水が発売されており、とても人気があります。このように肌の内部までしっかり保湿をした後は、乳液やクリームで蓋をして潤いを保つことを忘れないようにしましょう。